HOME
会員メニュー
 
天気予報
 
午後5時発表 東京都
■8/19(月)■

曇のち時々雨
気温:高32/低26
■8/20(火)■

曇一時雨
気温:高32/低25
[地域変更/週間予報]
 

山本ゴルフ部

えきねっと
JAL-航空券 予約・空席照会・運賃案内-
白石康次郎ホームページ
SpeedWave Mobile
 
MOSCAロゴマーク
 

ゴルフ用語集(カ行)

五十音インデックス

 ア行(54件)
カ行(57件)
 サ行(81件)
 タ行(48件)
 ナ行(10件)
 ハ行(83件)
 マ行(20件)
 ヤ行(4件)
 ラ行(19件)
 ワ行(1件)
カーボン (carbon)
カジュアルウォーター (casual water)
カップ (cup)
カラー (callar)
ガードバンカー (guard bunker)
ガッタパーチャ (gutta percha)
ガッティ (gatty)
キック (kick)
キックポイント (kick point)
キャディ (caddie)
キャビティバック (cavity back)
キャリー (carry)
キャリーオーバー (carryover)
キャロウェイ方式 (Callaway system)
ギブアップ (give up)
ギャラリー (gallary)
クォリファイングスクール (qualifyng school)
クォリファイングトーナメント (qualifyng tournament)
クラブ (club)
クラブハウス (club house)
クリーク (cleek)
クリーク (creek)
クロスハンドグリップ (cross hand grip)
クロスバンカー (cross bunker)
グースネック (goose neck)
グラスバンカー (grass bunker)
グラファイト (graphite)
グランドスラム (grand slam)
グリーン (green)
グリーンキーパー (greenkeeper)
グリーンフィー (greenfee)
グリーンフォーク (green fork)
グリップ (grip)
グリップスピード (grip speed)
グルーブ (groove)
グローブ (Glove )
グロス (gross)
ゲーリー・プレーヤー (Gary Player)
コースマネジメント (course management)
コースレート (course rate )
コーライ (高麗)
コック (cock)
コンシード (concede)
コンパクション (compaction)
コンプレッション (compression)
コンペ (competition)
慣性モーメント (moment of inertia)
規定打数 (par)
逆目 (into the grain)
救済措置 (relief)
月例 (monthly conpetition)
研修会 (workshop)
研修生 (trainee)
誤球 (wrong ball )
高反発クラブ (high repulsion club)
削り出し
切り返し


カーボン (carbon)
ゴルフ用品で使われる素材の名称。グラファイトあるいは、カーボングラファイトと言われることもある。
主にクラブを構成する部位であるシャフトに使用される。対になる、よく使われる素材として鉄があり、スチールと呼ばれている。
シャフトで用いる場合にはカーボン繊維とエポキシ樹脂などの複合材を棒状に焼成する。特性として、スチール製のものに比べて軽量化できる一方で剛性の調整もしやすいことから現在のクラブ製作には欠かせない素材となってる。シャフト以外にもクラブヘッドに使用することもある。

▲TOPへ戻る


カジュアルウォーター (casual water)
雨等でコースに出来た一時的な水溜りや芝生が水を含んだ状態がひどい区域のこと。一般に足を踏み入れた際に水が染み出す程度の状態からをいう。カジュアルウォーターにスタンスがかかる時や、ボールがカジュアルウォーターに入った時は、カジュアルウォーターであることを宣言して同伴プレーヤーに確認してもらい、ボールから一番近い地点を決め、そこからペナルティなしでドロップする救済措置を受けることが出来る。

▲TOPへ戻る


カップ (cup)
ホールの最終目的地点であるグリーンに開けられた穴の意の和製英語。正しい英語表現ではhole。大きさは直径4.25インチ(108ミリメートル)と規定されている。

▲TOPへ戻る


カラー (callar)
グリーンの周囲のラフとの緩衝地帯のこと。フリンジ (fringe)ともいう。
フェアウェイからグリーンに続く緩衝地帯(=花道)はエプロン (apron)、フェアウェイとラフの中間に位置する緩衝地帯はファーストカット(first cut)、バンカーのヘリやグリーンとラフの切れ目などのことはエッジ(edge)という。

▲TOPへ戻る


ガードバンカー (guard bunker)
グリーンを取り巻いてあたかもガードするように配置されているバンカーのこと。和製英語。英語ではGreen Side Bunkerと言う。
対になるフェアウェイに配置されたバンカーはクロスバンカー(Cross Bunker)という。

▲TOPへ戻る


ガッタパーチャ (gutta percha)
19世紀の中ごろから20世紀のはじめにかけて使われたゴルフボールの素材として使われた熱帯産のゴム状の樹脂のこと。ガッタパーチャを球状に成型し固めたものはガッティと呼ばれた。

▲TOPへ戻る


ガッティ (gatty)
ガッタパーチャを球状に成型し固めた、19世紀の中ごろから20世紀のはじめにかけて使われたゴルフボールのこと。
ガッティは当初、手作りで適当な大きさに丸められただけのものであった。可塑性素材なので表面に傷がつくと熱することで再成型が可能であったが、次第に表面に傷があるガッティのほうが安定してよく飛ぶことが判明し、成型の段階で押し型を用いて表面に起伏をつけるようになった。

▲TOPへ戻る


キック (kick)
打球が地面に着地する際に着地地点の地形(傾斜やカート道路)、置かれていた用具(バンカーを均すためのレーキ)などに影響を受けて方向を変えること。運よくフェアウェイやグリーン方向にキックしたときには「ナイスキック」、逆に立ち木などに影響を受けてOB方向へ飛んでいってしまったときには「キックが悪かった」などと使う。

▲TOPへ戻る


キックポイント (kick point)
ゴルフクラブを構成する部位であるシャフトのしなりについて、シャフトに力をかけて撓ませた時の頂点の位置をいう。
先端(クラブヘッド側)から頂点の位置の距離で調子を区分し、先端から近いものをロー(先調子)、中央にあるのをミッド(中調子)、手元側にあるのをハイ(元調子)という。
キックポイントはボールの方向性や、弾道の高さに影響を与え、例えば先調子はボールがつかまり上がりやすく、元調子はボールが低くなる。

▲TOPへ戻る


キャディ (caddie)
プレーヤーに同伴し、プレーの間、プレーヤーに代わってクラブを持ち運び、円滑なプレーの扶助、コース攻略の助言などを行う。

▲TOPへ戻る


キャビティバック (cavity back)
アイアンのクラブフェースの裏側を抉り取るようなかたちにすることで、重心を外側に分散させ、スウィートスポットを大きくしたデザインのこと。フェースの縁(ペリメター)を厚くして打撃性能を向上させたという意味でペリメターデザイン(perimeter design)の別称もある。
対になる裏側が厚いままのデザインはマッスルバック(muscle back)という。

▲TOPへ戻る


キャリー (carry)
ショットが行われた地点から打球が着地した地点までの距離のこと。対になる着地以降転がった距離をラン(run)という。

▲TOPへ戻る


キャリーオーバー (carryover)
「ヨコ」でホールのスコアが同点の場合に次のホールに持ち越しとなること。

▲TOPへ戻る


キャロウェイ方式 (Callaway system)
コンペなどで順位を決定するために用いられる当日のスコアのみに基づく暫定ハンディキャップ算出方法のひとつ。アメリカのティーチングプロのライオネル・キャロウェイが考案したのでこの名がある。
世界的には普及した方式ではあるが、ハンデキャップ算出対象ホール抽出の仕方などを定めた査定表を必要とすることや、その気になれば自分でハンデを調整することが出来る短所などがあって日本では普及しているといいがたい。

算出の仕方は以下の通り。
自分のスコアを査定表に照らし合わせ、例えばスコアがグロス100の場合、算出対象ホール抽出の仕方が「悪い順に3つのホール」となっているので、悪いスコアのホールから3つを選び(同点がある場合は任意でよい)それを合計した数を算出する。さらに、表をみるとグロスの96から100までが同じ算出基準となっているが100の場合、調整数+2が更に加算される。ただし、各ホールのスコアはパーの2倍を限度とする。

なお、短所を補うために考案された「変則キャロウェイ方式」が存在する。
算出対象ホールを隠しホールとして定め、調整を困難にしている。

▲TOPへ戻る


ギブアップ (give up)
ストロークプレイにおいて、ローカルルールで定められた限界打数(基準打数の3倍が一般的)を超えてしまうときに、限界打数で宣言すること。マッチプレーでは相手プレーヤーに対し、次打を打つまでもなくそのホールの負けを宣言すること。

▲TOPへ戻る


ギャラリー (gallary)
ゴルフ場で観戦するプレーヤー以外の人、観客のこと。
マスターズを観戦をするギャラリーを特にパトロン(patron)ということがある。

▲TOPへ戻る


クォリファイングスクール (qualifyng school)
毎年12月の行なわれる、来季の米プロツアー出場資格を得るためのテストのこと。Qスクールと略されることもある。

▲TOPへ戻る


クォリファイングトーナメント (qualifyng tournament)
毎年12月から3段階で行なわれる、来季の日本プロツアー出場資格を得るための試合のこと。QTと略されることもある。JGTO(日本プロゴルフツアー機構)が主催するが、プロ資格がなくても勝ち上がれば事実上プロ選手として出場できる権利が与えられる。

▲TOPへ戻る


クラブ (club)
ボールを打つために用いる棒状の道具。ルールで形状が規制され、使用本数も14本までの規定がある。

▲TOPへ戻る


クラブハウス (club house)
ゴルフ場を構成する施設のなかで、主要な機能が設備された建物のこと。フロントおよびその事務所、ロッカー、浴室、レストラン、プロショップなどがある。かつてゴルフ場が社交の場としてのクラブ形式を採っていたことの名残でもある。

▲TOPへ戻る


クリーク (cleek)
5番ウッドの別称。

▲TOPへ戻る


クリーク (creek)
コース内に障害物として設けられた小川のこと。

▲TOPへ戻る


クロスハンドグリップ (cross hand grip)
右打ちの場合、通常のグリップでは左手が上、右手が下にくるが、これを入れ替えて左手が下で右手が上にするグリップの方法。主にパッティングの際のグリップとして普及している。

▲TOPへ戻る


クロスバンカー (cross bunker)
フェアウェイの途中に配置されたバンカーのこと。単にフェアウェイバンカー(faiway bunker)と場合もある。
対になるグリーンを取り巻いてあたかもガードするように配置されているバンカーはガードバンカー(guard bunker)という。

▲TOPへ戻る


グースネック (goose neck)
アイアンにおいてクラブフェースの底辺がシャフトに対して後方に位置する形状の呼称で、位置関係自体はオフセットということがある。
上から見た形状がガチョウの首のように曲がっていることからこう呼ばれるようになった。「このクラブはグースがきつい」と形状の状態を表す使い方もある。
対になる、クラブフェースの底辺がシャフトと同一線上にある形状はストレートネックという。

▲TOPへ戻る


グラスバンカー (grass bunker)
コース内に設置されたハザードの亜種で、バンカーのように窪地を形成しているが砂が入っておらず、ラフ同様の草地となっているものをいう。厳密にはハザードではないのでクラブはソールしてよい。

▲TOPへ戻る


グラファイト (graphite)
ゴルフ用品で使われる素材の名称。カーボンあるいは、カーボングラファイトと言われることもある。
主にクラブを構成する部位であるシャフトに使用される。対になる、よく使われる素材として鉄があり、スチールと呼ばれている。
シャフトで用いる場合にはカーボン繊維とエポキシ樹脂などの複合材を棒状に焼成する。特性として、スチール製のものに比べて軽量化できる一方で剛性の調整もしやすいことから現在のクラブ製作には欠かせない素材となってる。シャフト以外にもクラブヘッドに使用することもある。

▲TOPへ戻る


グランドスラム (grand slam)
世界4大メジャー大会といわれている全英オープン、全米オープン、全米プロ、マスターズのすべてで優勝することをいう。
達成者を特にグランドスラマーと呼ぶことがある。
PGAツアーの歴史においていまだ5名しか達成していない快挙である。

▲TOPへ戻る


グリーン (green)
ホールの最終目的地点であるカップのある特別に整備された区域のこと。きわめて短く芝生を刈り込み、地盤を固めることで一定程度規則正しいボールの転がりを担保し、この地表上をパターと呼ばれる特別なクラブでボールを打って転がすことでカップインを目指す。

▲TOPへ戻る


グリーンキーパー (greenkeeper)
コースを維持管理する部署の責任者のこと。

▲TOPへ戻る


グリーンフィー (greenfee)
コースでプレーするために支払う料金のこと。正しい英語表記では、グリーンズフィー(greensfee)となる。飲食代金、諸税、キャディフィーを含まない正味金額を指していう場合が多い。コースのよってはプレーフィーという場合もある。

▲TOPへ戻る


グリーンフォーク (green fork)
グリーン面に打球が着地した際、その衝撃からボールのかたちに凹んで損傷することがある。この凹みをボールマーク(またはピッチマーク)といい、これ修復するには周囲の芝を寄せていったん盛り上げ、パターの底面や靴のソールで踏み均す必要がある。そのときに芝に指してボールマーク周辺の芝を寄せる道具のことをいう。和製英語。英語ではrepair tool、もしくはdivot toolと言う。

▲TOPへ戻る


グリップ (grip)
グリップとは、クラブの握り方の総称、または握られるクラブの部位をいう。
握り方であるグリップの種類には、大きく分けて3つあり、それぞれに特性がある。
・オーバーラッピング
・インターロッキング
・テンフィンガー(ベースボール/ナチュラル)

特性については各項目を参照のこと。

握られる部位であるグリップについては、おおむねゴム製で滑り止めとしての起伏やコードと呼ばれる繊維の混入の度合いなどで製品の差別化が図られてきたが、最近では豊富なカラーリングや、シリコンなどの新しい素材に気持ちを落ち着ける効果が高いとされるマイナスイオン発生物質を混入させるなど、選択肢が多岐にわたっている。

▲TOPへ戻る


グリップスピード (grip speed)
フルスイングにおいてボールを打撃する瞬間の10cm手前をクラブヘッドが通過する際の、手元(グリップ)の速度をいう。ハンドスピードとも言う。
PRGRが提唱する、ヘッドスピードと併せてスイングスピードとする比較的新しい概念。ヘッドスピード同様に秒速m/sで表現される。

▲TOPへ戻る


グルーブ (groove)
クラブフェースに掘ってある溝のこと。マーカーとかスコアラインとも言う。形状によってUグルーブとVグルーブなどに種類が分かれ、密度などによってスピン性能に差が生じるためルールによって規制がある。

▲TOPへ戻る


グローブ (Glove )
グリップの際の手のひらの保護、滑り止め、打撃の際の衝撃の緩和を目的して装着する手袋のこと。グラブということもある。皮革製または布製で、単なる手袋ではなくゴルフに適した補強や機能が追加されているものが多い。右打ちの場合、左手のみに装着することが一般的だが、女性ゴルファーには両手に装着する人も多い。

▲TOPへ戻る


グロス (gross)
「全て」という英単語の意味から、ハンデ調整前のスコアを指して言う。対になる、ハンデ調整後のスコアはネット(net)という。

▲TOPへ戻る


ゲーリー・プレーヤー (Gary Player)
史上最も優れたゴルファーの一人。
南アフリカ共和国ヨハネスブルグ出身。1935年11月1日生まれ。経済的には恵まれた家庭に育ち14歳からゴルフを始め、1953年に18歳でプロ入り。それまで、ゴルフ界は大半が英米出身の選手たちで占められており、南ア出身のゴルファーの先駆者であった。
プロ戦績は1956年から参戦したPGAでグランドスラムと称されるすべてのメジャー大会制覇(7勝)を含む24勝を挙げている。その他の地域の試合、国際大会を含めると通算100勝を超え、シニアツアーでも19勝。
第一線を退いた最近はプレジデンツカップで国際選抜チームの監督(2003年、2005年)を務めるなど、今なおプロゴルフ界の重鎮として多大な尊敬を集めている。南アからは、後進のアーニー・エルスやレティーフ・グーセンなどが活躍中である。存命。


▲TOPへ戻る


コースマネジメント (course management)
コース全体を俯瞰し、設計者の意図やレイアウト、気象条件などのコンディション、自分の能力、調子、活用できるルールなどを勘案し、一打一打の組み立てや、次打の選択を行うこと。コース攻略ともいう。

▲TOPへ戻る


コースレート (course rate )
コースの難易度を示した指標で、コースレーティング(course rating) ともいう。パーよりも大きな数字であれば難易度が高く、小さければ 難易度は低い。スロープレートと併せてハンデの算定に使われる。

▲TOPへ戻る


コーライ (高麗)
芝の種類のこと。日本のゴルフ場で主にグリーンの芝として多く採用されている芝種で芝目がきつく、影響を受け、転がりが重く、球筋が切れやすい。高温多湿の気候には強いが寒さに弱く冬に枯れるため、最近のゴルフ場のグリーンはベントという芝種に転換が進んでいる。

▲TOPへ戻る


コック (cock)
バックスイング中に手首を曲げるアクションのこと。曲げた手首を再び伸ばすことをコックをほどく、あるいはアンコックという。

▲TOPへ戻る


コンシード (concede)
マッチプレーにおいてそのホールの勝負が見えた時点で相手にその後のショット、パットの省略を許可することをいう。
パットされたボールが極めてホールまで近づきながら入らなかった場合にも許可する場合がある。次のパットで入ったことにみなし実際の打数にOKの1打を付加して申告するが、一般的にはOKの名称で知られている。
コンシードは競技でOKに代わって使用する用語として定着している。ただし、マッチプレイのみでストロークプレイにはその概念がない。

▲TOPへ戻る


コンパクション (compaction)
主にグリーンの硬さを表す指標となる数値のこと。数値が大きくなるほど硬くなっている状態を示す。硬いほどボールの転がりが速くなり難度が高くなる。
10以下 通常営業時
10から11 競技セッティング
12から14 プロの試合でのセッティング
測定には専用の機器(コンパクションメーター)を用いる。
グリーンに針状の棒を差し、その抵抗負荷をバネ仕掛けで測定する。

▲TOPへ戻る


コンプレッション (compression)
ボールの硬さを表す指標となる数値のこと。0から200の範囲で示される。数値が大きくなるほど硬くなっている状態を示す。一般に硬いボールは打撃の衝撃に耐えて飛距離が出る。軟らかいボールはスピンが掛かりやすい。

▲TOPへ戻る


コンペ (competition)
競い合う場、という意味のコンペティションの略称。
一般的なニュアンスでは、ある程度責任を持った幹事(主催者)が存在し、公募・私募に関わらず参加者が複数組以上集まり、順位を競い、結果を確認する場を持つラウンドを称していう。
公募の場合はオープンコンペと呼び、属性の異なる不特定多数の参加者に対して主催者が円滑なラウンドを扶助する。
私募の場合はプライベートコンペと呼び、任意の属性に従って招集または参加を募ることが多い。それが企業にとっての公式イベントであっても「オフィシャルコンペ」と呼ばれることはない。「○○社主催のプライベートコンペ」となる。

▲TOPへ戻る


慣性モーメント (moment of inertia)
物理の法則のひとつで慣性能率ともいわれ、物体の回転運動の開始および停止のしにくさを表す。回転運動体の重さとその回転運動の中心からの距離の二乗に比例することから、値が大きいほどその物体は回転しにくい。公式では記号Iで示され、単位は[kg・m2]である。
現代のスイング理論では、スイング軌道は体の正中線を中心とした円を描き、インサイドインの軌道で軌道の最下部直前でインパクトを迎えることが理想とされていて、体の中心から腕とクラブの長さの二乗に比例してクラブヘッドに慣性モーメントが働いている、といえる。

▲TOPへ戻る


規定打数 (par)
コースごとに定められた基準打数のこと。距離に応じて3・4・5打のいずれかが通例だが、まれに6・7・8・9打の規定打数を持つホールが存在する。基準打数はコース設計によって固定されているもので、基本的に変化はない。

▲TOPへ戻る


逆目 (into the grain)
コース上の芝がボールの進行方向と逆に生えている状態のこと。クラブヘッドやボールに抵抗が生じやすくなりやすい。主にグリーンやグリーン周辺でボールが接地する機会が多い場合に影響を受けやすいので芝の目を確認する。対になる、コース上の芝がボールの進行方向に向かって生えている状態のことは順目 (with the grain) という。

▲TOPへ戻る


救済措置 (relief)
修理地、障害物、カート道、カジュアル・ウォーターなどがプレーに影響を及ぼす場合に受けることが出来る、ルールに則った再開措置のこと。通常の打撃姿勢において支障がある場合に限られる。
再開は「二アレスト(リリーフ)ポイント」と呼ばれる地点から1クラブ以内にドロップする。ペナルティーは付かない。

▲TOPへ戻る


月例 (monthly conpetition)
毎月1回のペースで定期的に行なわれる競技会やコンペのことを略した呼称。
月例の開催は盛んに行われている現われ。

▲TOPへ戻る


研修会 (workshop)
クラブメンバーのうち、とりわけローハンデの人たちによるルールの学習や親睦、競技会出場への準備のために行われるクラブ主催の技術向上を目指した組織。プロゴルファーを目指す従業員が研修会に参加する場合もある。

▲TOPへ戻る


研修生 (trainee)
ゴルフ場に所属し働きながらプロゴルファーを目指す人の呼称。従業員ながらクラブ主催の研修会の会員である、というニュアンスから。「今日のキャディは研修生だった」などと使われる。

▲TOPへ戻る


誤球 (wrong ball )
プレー中に自分のボールと取り違えて他のボールをプレーすること。
ストロークプレーでは2罰打、マッチプレーではそのホールの負けとなる。

▲TOPへ戻る


高反発クラブ (high repulsion club)
フェースを薄くたわむ構造にすることで、ボールに対するフェースの反発力を高め、それによりボール初速を高め、飛距離を伸ばしたクラブ。
2008年1月1日から、ゴルフクラブヘッドのスプリング効果(SLE)に関するR&Aルールが変更され、反発係数が一定の値(0.830COR)を超える高反発クラブは不適合となり、ルール上では使用禁止となった。

▲TOPへ戻る


削り出し
クラブヘッド製作の手法の一つで、軟鉄を塊の状態からクラブヘッドの形状にまで削ること。対になる、型に溶けた鉄を流し込んで製作する手法は鋳造という。当然ながら削り出しのほうが手間が掛かるため、高価になる。

▲TOPへ戻る


切り返し
スイングにおけるバックスイングからダウンスウィングに移行する動作こと。結果的に切り返し直前のバックスイングの最高到達点がスイングのトップと考えられる。

▲TOPへ戻る




copyright(c)MOSCA All Rights Reserved